【山形】プレマ文化学院

四季感動の山形


母なる最上川、そして古くから県内外の多くの人々に信仰されてきた出羽三山(月山・湯殿山・羽黒山)のふもとに

プレマ(愛)文化学院があります。着付の他に草木染・手紡ぎから始まる高機(たかばた)による手織

そして日常作法・伝統水引折形と、日本の伝統と文化を楽しく学ぶ事が出来ます。

又、今年から開講したヨーガとハーブ講座も大変好評です。自然豊かな、プレマハーブガーデン(紅花・藍・紫根・

ハーブ40種等を栽培)の近くで着物の文化を学んでみませんか。

車で仙台から1時間半、山形から30~40分の所です。お待ち致しております。


【お問合せ先】

プレマ文化学院 学院長 安久津 邦子

〒999-2232 山形県南陽市三間通1223-4

TEL 090-8256-8035 FAX 0238-43-5683

全日本和装コンサルタント協会

和装道・作法道の素晴らしさの一つに自然との同調があります。四季の移ろいを色目や文様に写しとり、脈々と受け継がれてきた歴史の集大成をもまとう。  着物姿の醍醐味に着装、着付け芸術があります。着装によって着物は息吹き、和の精神が宿る。 着る人の立居振舞や言動によって高めることも低めてしまうことさえ同様にあります。一期一会の出会いを大切に活かせられるように常日頃から気を配り、身につけたいものです。