令和2年度 着付け職種技能検定 準備講習会のご案内

国家検定「着付け技能士」 受検対策
準備講習会を下記日程にて実施いたします。

◆学科試験準備講習会
4/27  (月)14:00~17:00
5/18  (月)14:00~17:00

◆実技試験準備講習会
7/20    (月) 14:00~17:00
7/29    (水) 10:00~13:00
8/3      (月) 14:00~17:00
8/21    (金) 18:30~21:30
8/22    (土) 14:00~17:00
9/7     (月) 10:00~13:00
9/11     (金) 18:30~21:30
9/28     (月) 14:00~17:00
10/5     (月) 10:00~13:00
10/13   (火) 10:00~13:00
10/21   (水) 14:00~17:00
11/2     (月) 10:00~13:00
11/10   (火) 10:00~13:00
11/13   (金) 18:30~21:30

※お申込みについて
受講申込書に必要事項を記入し、郵送・FAX・メールでお申込みください。事務局から予約可能の連絡をFaxもしくはメール、お電話でいたします。受講料は前払いとなります。予約申込から1週間ほどでご入金ください。ご入金をもって予約確定とし、研修室の地図をご案内いたします。

※講習料について
学科・実技共通 1回3時間 協会会員(免状取得者) 5,500円(税込)  /一般 8,250円(税込)
※実技については3回以上の受講を奨励します。   3回で22,000円

※準備講習会は研修室(大阪府守口市・地下鉄守口駅徒歩2分)で開催予定です。

◆特別準備講習会
7/13(月)10:00~17:00(休憩60分)
10:00~12:00 模範着付展示説明(1級及び2級とも)
13:00~17:00 各自実践練習(受検級)
講習料:協会会員 13,200円(税込) /一般 16,500円(税込)
場所:大阪市内の予定

 

準備講習会は学科試験準備講習会、実技試験準備講習会があります。
学科試験に合格しないと実技試験は受検できませんのでご注意ください。

お問い合せ、お申込みは協会事務局まで。

令和2年度 着付け職種技能検定 準備講習会のご案内

国家検定「着付け技能士」 受検対策
準備講習会を下記日程にて実施いたします。

◆学科試験準備講習会
4/27  (月)14:00~17:00
5/18  (月)14:00~17:00

◆実技試験準備講習会
7/20    (月) 14:00~17:00
7/29    (水) 10:00~13:00
8/3      (月) 14:00~17:00
8/21    (金) 18:30~21:30
8/22    (土) 14:00~17:00
9/7     (月) 10:00~13:00
9/11     (金) 18:30~21:30
9/28     (月) 14:00~17:00
10/5     (月) 10:00~13:00
10/13   (火) 10:00~13:00
10/21   (水) 14:00~17:00
11/2     (月) 10:00~13:00
11/10   (火) 10:00~13:00
11/13   (金) 18:30~21:30

※お申込みについて
受講申込書に必要事項を記入し、郵送・FAX・メールでお申込みください。事務局から予約可能の連絡をFaxもしくはメール、お電話でいたします。受講料は前払いとなります。予約申込から1週間ほどでご入金ください。ご入金をもって予約確定とし、研修室の地図をご案内いたします。

※講習料について
学科・実技共通 1回3時間 協会会員(免状取得者) 5,500円(税込)  /一般 8,250円(税込)
※実技については3回以上の受講を奨励します。   3回で22,000円

※準備講習会は研修室(大阪府守口市・地下鉄守口駅徒歩2分)で開催予定です。

◆特別準備講習会
7/13(月)10:00~17:00(休憩60分)
10:00~12:00 模範着付展示説明(1級及び2級とも)
13:00~17:00 各自実践練習(受検級)
講習料:協会会員 13,200円(税込) /一般 16,500円(税込)
場所:大阪市内の予定

 

準備講習会は学科試験準備講習会、実技試験準備講習会があります。
学科試験に合格しないと実技試験は受検できませんのでご注意ください。

お問い合せ、お申込みは協会事務局まで。

Art Gallery

About

昭和46年1月、「日本の伝統的和装の美を後世に正しく継承すると共に近代的和装技術の向上と発展のため研究教育を中心とし国内国外を通じてきものの保存と普及に務め親交を深めていくこと」を目的として

Read more...